So-net無料ブログ作成
検索選択

奈良町資料館で❝青面金剛(庚申さん)❞へお参り [旅行・奈良]

スポンサードリンク





”ならまち”を歩いているとよく軒先に見かけるのが、


赤い人形の「身代わり申」といわれるお守り[ぴかぴか(新しい)]


10.jpeg


その身代わり申がひと際吊るされているのが「奈良町資料館」で、


ここがなかなかの見どころ満載なスポットなんです[るんるん]

11.jpeg


一見すると「ここはお化け屋敷か?」と思う入り口ですが、


もちろんお化けは出てこずなんと入場料は無料です。

(※写真撮影は全てOK)


12.jpeg


入り口すぐ「十一面観音像」にお出迎えとなり、


こちらは”身代わり申”のお返し所になってます。


なので日頃から災いを代わり受けてくださった”身代わり申”はこちらで供養[ぴかぴか(新しい)]


その他にも「大日如来像」や「不動明王像」が祀られるなか、


ひと際興味をそそる「旧元興寺の焼佛」に目が釘付け!


13.jpeg


1451年の戦乱により焼けた旧元興寺の金銅佛観音様で、


大火のため頭部は下に傾き腕は溶けたそう。


なんだか悲しそうに見えるのは争いごとを憂いでいらっしゃるのか?


およそ560年以上前の貴重な仏像を、


こんな間近に拝めるのも「奈良町資料館」のスゴイところです[るんるん]


14.jpeg


ではこれより「青面金剛像」をお祀りする庚申室へ[ぴかぴか(新しい)]


16.jpeg


人に災いする災難・病気を退治する神通力があり、


昔から庚申(こうしん)さんとも呼んで親しまれています。


そして身代わり申のお守りはこの「青面金剛像」のお使いとされ、


周りにはたくさん吊るされている様子が伺えます。


17.jpeg


言い伝えによるとその昔、


人体の中に三尸(さんし)の虫がいて庚申の日の就寝中に体から出て、


天帝にその人の悪事を告げその報告により寿命が決まる。


そのため60日に一度回ってくる庚申の日には皆、寝ず「庚申さん」を供養。


江戸時代初期から続く民間信仰で、


庚申さんを祀る信仰は今もこの奈良町に息づいています[るんるん]

(※現在も寝ずに供養しているかは未確認)


20.jpeg


ちなみに「身代わり申」(左)はこんな形をしており、


よく間違えられますが岐阜・飛騨地方の「さるぼぼ」(右)とは違います。


21.jpeg


奈良町資料館の玄関口にはこんな大きな”身代わり申”も[ぴかぴか(新しい)]


館内で”身代わり申”を販売しておりますが、


残念ながらこれは売り物ではないようです。


こんな大きなモノを玄関に吊るすとどんな災難でも退治してくれそうな・・・


22.jpeg


最近流行っている「レインボーラムネと鈴とふきん」(970円)のセットも、


奈良町のお土産として館内にて販売中。


”身代わり申”のデザインをした鈴がとてもかわいいです[るんるん]


「奈良町資料館」は外から見ただけでは想像もつかないほど広く、


どんどんと奥に吸い込まれていく興味深いモノが多数アリ。


玄関口だけを見て、


「なんだ、ただの工芸品のお土産物屋か~」


とあなどるなかれ。


その先にはなかなか見ることができないお宝を拝めますよ(^^)/


おまけ


これが読めればあなたも奈良町マイスター[ぴかぴか(新しい)]


18.jpeg


正解はこちらをクリック⇒簡単に100万円稼ぐ方法


・・・・・・・・・・・・


というのは冗談でリンクなんて貼ってませ~ん!


ちょっとしたおふざけなんでご勘弁を(笑)


19.jpeg


【トリップアドバイザー】⇒奈良市の口コミ人気観光ランキング
 

【トリップアドバイザー】⇒奈良市の口コミ人気ホテルランキング




スポンサードリンク



nice!(64)  コメント(12) 
共通テーマ:旅行

nice! 64

コメント 12

ナベちはる

「身代わり申」、不思議な格好をしていますね。
吊るされている姿、何かにぶら下がっているようにみえます。
by ナベちはる (2017-08-11 01:05) 

ぼんさん

大火のために頭部が下に傾いたのですね。 下を向かれ何を思われているのか色々と想像が巡ります。
奈良県には面白い地名がたくさんあり、歴史を改めて感じました(^^)
by ぼんさん (2017-08-11 07:44) 

いっぷく

戦火を経てというところでいっそう価値が高まってますね。
下に傾いただけで取れずに残ったんですね。
胴体は溶けずに残っているのもすごいと思います。
by いっぷく (2017-08-11 10:13) 

ニッキー

「身代わり申」、こういう形をしてるんですねぇ( ^ω^ )
鈴を身につけてると守ってくれそう♪( ´▽`)
「奈良町資料館」こんなに貴重な仏像とかもあるのに
無料で写真もOKとは太っ腹〜*\(^o^)/*
by ニッキー (2017-08-11 10:34) 

ゆきち

「南京終町」はずっと「なんきんおわりまち」だと思っていました(^▽^;)
地名は難しいですね。
身代わり申の形が好きです♪
by ゆきち (2017-08-11 14:25) 

ミケシマ

うふふ~、 一目見て「さるぼぼ!」って思ってしまった。
ぜんぜん違うものなんですね~
「こちらをクリック→簡単に100万円稼ぐ方法」ポチッとしそうになりました!
どのリンクにも飛ばないんですねー!! ウケた…
奈良いきたいなぁ~ いつになるかなぁ~
by ミケシマ (2017-08-11 23:32) 

yamatonosuke

ナベちはる さん

あの形にも何か意味があるかもしれませんね。
今度奈良町を訪れたときに聞いてみます☆彡
by yamatonosuke (2017-08-11 23:36) 

yamatonosuke

ぼんさん

大火にまみれたそのお姿はとても痛々しい印象でした。
これからも人々を見守り続けてほしいものです(^^♪
by yamatonosuke (2017-08-11 23:39) 

yamatonosuke

いっぷく さん

とっても印象に残る焼佛でした。
これを見るだけでも奈良町資料館を訪れる価値あります。
by yamatonosuke (2017-08-11 23:42) 

yamatonosuke

ニッキー さん

そうなんです~写真撮影オールOKと太っ腹なんです(^^♪
しかも入場無料なんですよ~
by yamatonosuke (2017-08-11 23:44) 

yamatonosuke

ゆきち さん

元興寺だったかな?その範囲の終わりで京終という名前がついたと昔聞いたことあります。
身代わり申は形がかわいいですね♪
by yamatonosuke (2017-08-11 23:47) 

yamatonosuke

ミケシマ さん

「さるぼぼ」とポーズは違いますが形はほとんど一緒ですね。
来れる方のほとんどが「さるぼぼ~」と言っていました(笑)

騙しクリック誘導を楽しんで頂いて光栄です。
また何か別の方法も考えないと・・・
新幹線が繋がると奈良も近くなるかもしれませんね(^^♪
by yamatonosuke (2017-08-11 23:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。