So-net無料ブログ作成
検索選択

雪丸ロードを歩き達磨寺へ♪ [旅行・奈良]

スポンサードリンク





JR王寺駅から全長1kmほどのウォーキングコース、


雪丸ロード」を散策してきました[ぴかぴか(新しい)]


1.jpeg


スタートはJR王寺駅改札前から。


梅雨仕様の雪丸に見送られて一路「達磨寺」(だるまじ)を目指します[るんるん]

さてその徒歩での行き方ですが、


スマホナビや土地勘などはまったく必要なく、


道路についている雪丸の”足跡”をただひたすら辿って行けばいいだけ[ぴかぴか(新しい)]


2.jpeg


赤丸で囲ったのが足跡で達磨寺まで案内してくれます。


これが「雪丸ロード」と言われる所以[るんるん]


3.jpeg


足跡を辿っていくと川沿いに出ます。


風が吹き抜けて気持ちいい~と言いたいところですが、


日差しがとてもきつく暑すぎ・・・


真夏の「雪丸ロード」散策の際は体調管理に十分お気をつけ下さい。


達磨寺まであと600mです[あせあせ(飛び散る汗)]


4.jpeg


橋を渡り大きな交差点に差し掛かった所になんかいます!


5.jpeg


こんなところに「雪丸」がいたなんて知りませんでした。


この道はちょうど大阪からの玄関口(国道25号)なのでお出迎えかな?


しかし夜中に見るとちょっとビックリするかも・・・


JR王寺駅・雪丸ミニプラザ・そしてここと、


私が知っている雪丸像は3体。


いったいあと何体の雪丸が存在しているのでしょうね[るんるん]


再び足跡を辿り王寺駅から歩くこと約15分、


達磨寺」(だるまじ)へと無事到着[ぴかぴか(新しい)]


6.jpeg


写真を撮りながらの散策だったので実際はもっと早いかもしれません。


そんな私は15分ほど歩いただけでもう汗だくです[あせあせ(飛び散る汗)]

(くれぐれもバスもありますのでご無理なさらず)


7.jpeg


ちょろちょろと出る涼しげな手水で身を清め拝観へ。


8.jpeg


こちらが達磨大師の墓と伝えられる古墳の上に築かれた「本堂」です[ぴかぴか(新しい)]


その昔、聖徳太子が片岡に遊行された際、


一人の異人が道に伏して飢餓に苦しんでいたそう。


太子はこれを憐れんで衣食を与えましたがお亡くなりに・・・


そのことを悲しんだ聖徳太子は墓を作りましたが、


後日その墓を確認したら埋葬したはずの遺体は消え、


棺の上に太子が与えた衣服がきれいに畳んで置かれていたそうです。


世人はこれを達磨の化身だと云いこの棺上に達磨塚を整え、


聖徳太子御自刻の達磨の木像を安置したのが達磨寺の始まり。


重要文化財として木造達磨坐像・木造聖徳太子坐像などがあります。


9.jpeg


そして本堂の南西に「雪丸塚」がひっそり[ぴかぴか(新しい)]

(もとは本堂の北東に)


中央では聖徳太子の愛犬「雪丸の石造物」が鎮座。


10.jpeg


像と台座を一石から彫りだしたもので、


”おすわり”して巻いて尻尾と少し垂れた耳、


そして何と言ってもその穏やかな表情がいい~[るんるん]


驚くべき言い伝えが”雪丸”は人の言葉が理解できてお経も詠むということ。


臨終の際には、


自分を達磨塚の丑寅(北東)に葬るように


と遺言したと伝えられています。


その聖徳太子の愛犬も、


今や王寺町のマスコットキャラクターとして大活躍していますが、


もとは達磨寺のこの「雪丸像」から誕生しました。


雪丸ファンは一度は訪れなければならないお寺です[ぴかぴか(新しい)]

(私のスマホの待ち受けは雪丸です)


もちろん帰りはすぐ前にあるバス停からバスで帰りましたよ(;^ω^)


おまけ


11.jpeg


絵馬も雪丸仕様となっていました[るんるん]


烏帽子と耳がなんか髪型みたいですね。


「今回の徒歩専用ルート」

12.jpeg

※約1km、所要時間約15分、画像の上が南で下が北です


宝島社からのお知らせ







スポンサードリンク



nice!(65)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 65

コメント 16

ナベちはる

可愛い足跡が道しるべになっているのですね。可愛いです☆彡
by ナベちはる (2017-06-24 00:38) 

caveruna

雪丸ざんまいですな^_^
by caveruna (2017-06-24 02:53) 

yakko

お早うございます。
雪丸 絵馬ちゃん、可愛いですね(^_^)
by yakko (2017-06-24 08:31) 

濱の寅次郎

雪丸くんの足跡が案内してくれるのはいいですね。
それにしても雪丸くんあれから、かれこれ1400年、石の上に何年だろう 頑張ってますね。
by 濱の寅次郎 (2017-06-24 14:15) 

johncomeback

お経を詠むとは流石は聖徳太子の愛犬はスゴいですね(^-^)
by johncomeback (2017-06-24 14:34) 

いっぷく

>烏帽子と耳がなんか髪型みたいですね。
こういう顔のおじさん、いそうですね。
by いっぷく (2017-06-24 17:07) 

ぼんさん

雪丸くんの道しるべがあるのがユニークで便利ですね(^・^)
by ぼんさん (2017-06-24 20:22) 

yamatonosuke

ナベちはる さん

何だろうと足跡について行くと達磨寺に連れていかれます☆彡
by yamatonosuke (2017-06-24 23:18) 

yamatonosuke

caveruna さん

気に入ってくれるまで続けますよ( ̄▽ ̄)
by yamatonosuke (2017-06-24 23:21) 

yamatonosuke

yakko さん

絵馬掛け場には大量の雪丸が発生中です(^^♪
by yamatonosuke (2017-06-24 23:25) 

yamatonosuke

濱の寅次郎 さん

雪丸、石の上で我慢が出来なくて最近動き回っているのかも。
やり過ぎて空も飛んでるし・・・
by yamatonosuke (2017-06-24 23:27) 

yamatonosuke

johncomeback さん

さすがは聖徳太子の愛犬、神格化がすごいです(^^♪
by yamatonosuke (2017-06-24 23:28) 

yamatonosuke

いっぷく さん

私はハリセンボン春菜さんを思い浮かべました。
by yamatonosuke (2017-06-24 23:31) 

yamatonosuke

ぼんさん

お家(達磨寺)まで続く足跡がなんか可愛らしいです(^^♪
by yamatonosuke (2017-06-24 23:33) 

ニッキー

雪丸くんの足跡をたどって達磨寺へって良いですねぇ♪( ´▽`)
真夏の炎天下はちょっと辛そうだから、秋や春にたどってみたいなぁ( ^ω^ )
by ニッキー (2017-06-25 15:12) 

yamatonosuke

やっぱり春か秋がオススメです^_^
足跡は消えないと思うので、たぶん…
by yamatonosuke (2017-06-25 20:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました